PPCアフィリエイト顧問 【教材コース】



PPCアフィリエイトで稼ぐための6つのステップとは、以下のとおりです。

とてもシンプルですよね?

1.利益が出やすい「商材」を選択する
2. PPCアフィリに適した「ランディングページ」を作成する
3.正しい「キーワード」を選択する
4.利益がでる「入札単価」を設定する
5.「撤退時期」の見きわめ
6.利益が出たサイトから「より多くの利益」をしぼり出す

上記ができていれば、PPCアフィリエイトで利益が見込めます。

逆に言いますと、上記6つの1個でもできていない要素があると、大きく稼ぐのは難しいと言えるでしょう。


それでは次に、具体的にそれぞれの内容をお話しします。

>>>PPCアフィリエイト顧問 【教材コース】


ステップ1. 利益が出やすい「商材」を選択する


あなたの選んだ商材が、PPCアフィリエイトをしても利益が出ないと最初から予想されるプログラムだとしたら、そもそもどんなにPPC広告から大量のアクセスを獲得したとしても、まったく成約しないか、
あるいはやればやるほど赤字になる可能性が高いです。

稼ぐためには、「PPCアフィリエイトで利益が出やすい商材」を、しっかりと選ぶ必要があります。


PPCアフィリに適した「ランディングページ」を作成する


たとえ、利益が出やすい商材をあなたが選んだとしても、ホームページ等で作るアフィリエイト用のランディングページが、PPCアフィリエイトに最適なサイト構成になっていないのならば、報酬を多く得ることが難しくなります。

いわゆる「1ページ1商材型のペラサイト」でPPCアフィリをおこなう場合でも、あるいは複数の商材を紹介する「比較サイト」といわれる構成であったとしても、それぞれに適したランディングページであることが重要です。

プロが作ったようなキレイなランディングページでなくてもぜんぜん大丈夫なのですが、
ポイントをはずしたサイトレイアウトですと、まったくアフィリエイト報酬が発生しないことも珍しくありません。

PPCアフィリエイトに適したランディングページを作成する必要があります。


ステップ3. 正しい「キーワード」を選択する


商材がPPCアフィリエイトに適していて、ランディングページも良くできていたとしても、PPC広告で集客する「キーワード」がうまく設定できていなければ、効率的にアフィリエイトで成約を得ることができません。

逆にいいますと、キーワードがはまると、おもしろいように成約し始めます。


特に商品名以外の、いわゆる「関連キーワード」で集客する場合には、キーワードの選択が大きく報酬額に影響することがあります。

成約に結び付く「関連キーワード」を選択できる力がつくと、報酬を加速させることも可能ですね。

PPCアフィリエイトで稼ぐためには、キーワードを選ぶ力を身につける必要があります。


ステップ4. 利益がでる「入札単価」を設定する


PPCアフィリエイトの場合は、広告費を使って広告費以上の利益を得る必要がありますよね。

お金の面だけで言ってしまうと、「広告費以上の利益が出るか出ないか」がPPCアフィリエイトで稼ぐための全てです。
(もちろん、サイトや商材がユーザーのためになることが前提ですよ)


コンサルをしていると、絶対に稼げないと思われる入札単価で設定している人をよく見かけたのですが、入札単価設定を間違うと利益を出すことができません。


>>>PPCアフィリエイト顧問 【教材コース】

ステップ5. 「撤退時期」の見きわめ


残念ながらPPCアフィリエイトで作ったサイトすべてにおいて、100発100中で利益を出す人はいません。

特にいわゆるペラサイトを作って、商品名キーワードで集客するようなやり方の場合、成約しないサイトの方がはるかに多いのが実情です。

ここで最終的に利益を出すために重要なことは、その商材が「成約しなかったという事実」ではなく、「いつそのサイト(商材)から撤退するか」ということの方です。

大赤字になる人は、いつそのサイト(商材)を辞めるかということを決めないでいる場合が多いですね。

「いつ撤退するか」とは簡潔にいうと「PPCアフィリエイトで何クリックまでに成約しなければその商材をストップするか」ということですが、実はPPCアフィリエイトのやり方や、扱う商材によっても、撤退時期が明確に変わってきます。

つまり、「ペラサイトを作って商品名キーワードのみで集客」するのか、あるいは「関連語(商品名以外の関連キーワード)で集客」するのかによって、まったく撤退のタイミングが異なります。

または、物販やサービスや資料請求なのか、情報商材と呼ばれるものかによっても、
撤退タイミングは異なってくるのです。

正しい撤退タイミングを知っていないと、ムダにPPC広告をかけて終わる可能性があるので注意が必要です。


ステップ6. 利益が出たサイトから「より多くの利益」をしぼり出す


もちろん1個のサイトからいくらかの利益が出たらOKとし、サイトの量産をひたすらくり返すやり方でも稼ぐことはできます。

このようなやり方で利益を増やす方法でも、けして間違いではありませんし、
私のクライアントにはペラサイトに商品名キーワードで集客するシンプルなやり方だけで、月の報酬が100万円を超える人が何人もいらっしゃいました。

しかし条件にもよるのですが、実際に利益が出たサイトから、より多くの利益がでるような対策をおこなうことによって、少ないサイト数で、より多くの利益をあげることもできますね。


つまり、1サイトで1万円の報酬を稼ぐサイトを量産するのか、1サイトで数万円~数十万円以上も稼ぐサイトにするよう対策をとることもできるということです。



PPCアフィリエイトで稼げない理由とは?



ここまで、いかがでしたでしょうか?

もしもあなたが思うようにPPCアフィリエイトで稼げていないならば、
上記「6つのステップ」のどれかが間違っているか、あるいは全部が不十分なのだと思います。

どれか一つでもうまく機能していないと、PPCアフィリエイトで満足のいく成果が出ません。


あなたは、PPCアフィリで利益が出る「商材選びの基準」をしっかりと持って、商材を選んでいらっしゃいますか?


あるいは、「利益が出たサイトからより多くの利益をしぼり出す」手法をおこなっていますか?


「商品名キーワードの複合語」のみでしか入札していない場合、
商品名以外の「関連キーワード」で集客して、売上を数倍にする方法は試されていますでしょうか?



>>>PPCアフィリエイト顧問 【教材コース】





[PR]
by kn19870822 | 2017-06-14 21:05 | アフィリエイト